居酒屋の店長さんは真空パック器で食材を長持ちさせる

2016y06m21d_223737656

ついに梅雨に入りましたね。

飲食店を経営されている店長さんやオーナーさんは、
食中毒なんかも少し気になってるんじゃないかと思います。

完璧に管理が行き届いている厨房なら、
めったなことでは起きないとは思いますが、
可能性としては0ではないのではないでしょうか?

そんなリスクを少しでも減らしたいなら、
食材の管理に真空パック器の導入を検討されてはどうでしょう?

真空パック器で食材を保存すれば、
酸素と遮断されるので、菌の繁殖はほぼなくなります。

また、湿気や乾燥から食材をまもることもできるので、
おいしく食べられる期間が驚くほど伸びますよ!

食中毒のリスクを極限まで減らせて、
なおかつ食材の美味しく食べられる期間を延ばしてくれる、
真空パック器というアイテムを使わない理由はないでしょう!

賢いライバル店の店長さんはもう使ってるかもしれませんよ?

とくに私のおすすめするのは「フードセーバー」という
真空パック器です。

フードセーバー専用で特殊開発された真空パックの袋は、
7層構造になっていて、どんな食材も真空パックにして、
密閉して保存することができます。

冷凍したときの冷凍やけの防止、
冷凍したお魚なんかは、回答するとドリップがでてしまいますよね。

そのドリップも防止できますし、
外注防止・湿気・乾燥防止・カビ防止、酸化防止、ニオイ漏れの防止など
1台で6役以上のメリットがありますよ!

ぜひ、一度検討してみてください。

コメントを残す