花粉症の時期になると手足の先がむくんでしまいます

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
41才、男性、会社員です。私は重度の花粉症もちです。
花粉症の季節になると、アレルギー反応が強く発生し、
手足の先がむくんでしまいます。
手のゆびなど、通常の倍くらいに膨らんでしまいます。
目のかゆみや鼻水などとともに、手足の先がむくみ、痛痒い症状に
毎年悩まされています。
症状が辛いときはタリオンなどのアレルギー反応を抑制する薬を飲んで
症状を緩和していますが、毎年このような症状が半年も続くのは苦痛で
しかありません。
昨年あたりから抜本的対策として、花粉症の根治療法である
シダトレンという液体化の薬をベロの下に塗る舌下療法を始めました。
これは常に花粉症の症状を擬似的に発生させて体が拒否反応を
起こさなくなるという、根治療法です。
アレルギー反応を抑制する対処療法よりも効果が高く、
今年は昨年よりも花粉症の症状が少なく、手足の先のむくみの頻度も
激減しました。舌下療法は3年以上継続しないとダメらしいのですが、
手足の先のむくみや、くしゃみ、鼻水、目の痒みが根絶できるのであれば
やる価値はあると思っています。毎日、シダトレンを服用する必要があり、
毎月一回は通院する必要があるのが面倒な部分ではあるのですが、
症状が緩和されているので、やりがいがあります。

するるのおめぐ実

コメントを残す